セサミン画像

セサミンの基本情報や働き

現代日本では外食に頼る機会が多く栄養バランスの整った食事を摂取する事が困難であり、胃や肝臓に負担のかかった食生活を送っている社会人も多いと思います。
そんな中、セサミンと呼ばれる植物由来の化学物質が健康食品として有用である事が分かった事で注目を浴びており製品化への研究が進んでいます。
主にゴマに多く含まれているこの物質を化学的な面から見てみますと化学式はC20H18O6と表され、分子量は354.35g/molの物質であり肝臓の活性酸素を低減する作用があります。
酸素と聞くと身体に良さそうな印象を受けるかも知れませんが、活性酸素は大気中の酸素よりも反応性が高く人体にとって有害な物質です。
活性酸素はストレスや喫煙により増加して細胞を損傷させガン細胞を増加させたり、ビタミンCの破壊を促進してシミやくすみの原因となるメラニンを増加させる原因となる事が分かっています。
当然ながらこの有害な活性酸素を除去したり働きを弱める機構が人体には備わっており、その際に働く物質を抗酸化物質と呼ばれています。
抗酸化作用を有する物質の代表例としてはアスコルビン酸やポリフェノール類の名前が挙げられ、セサミンもこの抗酸化物質の一種です。
抗酸化作用を有する食品群にはゴマの他には赤ワインや穀類などが挙げられますが、特に含有量が高い物はゴマやアカゴマなどであるため、これらの食品をバランス良く摂取する事が重要でしょう。
ただ、ゴマを原料とした食油(ゴマ油)が存在している事から分かるように、ゴマの中には多くの油脂も含まれているためカロリーが高いという特徴があります。
この点からダイエット中の方の中には抵抗がある方もいると思います。
また、ゴマは抗酸化作用以外にも栄養価が高いため健康に良いとされていますが、近年ゴマアレルギーの方が急増しているともされています。
上記の事からゴマからセサミンを摂取する事が難しい方が多い事も実情です。
しかし、最近の研究によりゴマやサンショウから特定の成分のみを単離抽出する事が可能となりました。
そして、この技術を応用する事で有効成分を効率的に摂取できるサプリメントが開発・販売されています。
このサプリメントならゴマよりも大幅にカロリーが抑えられており、(セサミンがアレルギーの原因である場合を除けば)アレルギー反応を起こす事もありません。
また一粒辺りに含まれている栄養価が分り易いため、一日辺りの摂取量を守りながら有効成分を摂取できるというメリットがあります。
こちらのサイトhttp://www.ohrwege.net/には、セサミンの働きについて詳しく解説されていました。是非ご覧になってみてください。

セサミンと同じように抗酸化作用やアンチエイジング効果、ストレス緩和に効果があるローヤルゼリーhttp://xn--2ck2dtaci4ge.asia/2.htmlも私たちにとって必要な栄養分をたくさん含んでいます。
このローヤルゼリーはhttp://xn--2ck2dtaci4ge6603l.net/14.htmlにもかいてありますが、
頭痛や肩こり、生活習慣病の予防やがん予防、更年期障害の改善など幅広い世代の方に嬉しい効果をもたらしてくれますのでおすすめです。

Copyright(c) 2008 ごまで健康 All Rights Reserved.